設置場所に最適?本体サイズ

広い場所を用意できるなら拡張性の高いフルタワーかミドルタワー

デスクトップ型の法人向けパソコンと一口にいっても、本体サイズはかなり幅広く用意されています。そのため、購入する場合はあらかじめどこに設置するのかを決めておいて、そのスペースに合った大きさのパソコンを選ぶといいでしょう。では、法人向けのデスクトップパソコンには具体的にどのようなサイズがあるのでしょうか。
まず、一番大きなサイズとして「フルタワー」、そしてその下のサイズである「ミドルタワー」と呼ばれるものがあります。これらのパソコンは机の上に置いて使うには不向きで、デスクの下などに置いた方がいいでしょう。フルタワー、ミドルタワーのパソコンは中のスペースが広いために拡張性が高く、ハードディスクを複数内蔵することが可能です。

ディスプレイ一体型なら机に置いて使える

フルタワーやミドルタワーだと少し大きすぎるという場合は、省スペース型と呼ばれるデスクトップパソコンを選択肢に加えるといいでしょう。ミドルタワー型と比べても小さくてスリムであり、一般的な大きさの机であればモニターの横に置くことも十分可能です。足下に置くよりも本体の電源ボタンを押したり、あるいはディスクドライブにディスクを入れるといった操作が簡単になるので、その点で便利といえます。
また、もっと設置スペースが少なくて済むデスクトップパソコンがほしいという場合は、ディスプレイと一体型になっているモデルをおすすめします。文字通り、ディスプレイの内部にパソコンのパーツが組み込まれているため、モニターを置くスペースさえあれば設置が可能です。