知っておくと安心!充電時間と駆動時間

法人向けノートパソコンは、職場の外で使う時を考える!

法人向けノートパソコンは、充電にあまり時間がかかっていては、急に持ち出しが必要になった時に、バッテリー切れが心配になってしまいます。充電時には、最大容量まで充電せず、80%程度にとどめると、充電時間を短縮でき、バッテリーも長持ちするのです。駆動時間も、職場の外に持ち出して使うことが多いならば、短いと充電切れを気にすることになります。駆動時間は、ノートパソコンの表記よりも、パソコン内の様々な機能を起動するため、半分ほどに短くなる事もあります。充電時間と駆動時間は、外でノートパソコンを使うならば、絶対に注意するべき点です。十分な充電、駆動のスペックを持ったパソコンを購入し、バッテリーの事を気にせず、仕事に集中できる環境を整えたいものです。

充電時間と駆動時間は、環境や設定でさらに改善できる!

充電は、周辺の環境が低温であったり、バッテリーが熱くなっていたり、余計なアプリが起動していたりすると、時間がかかってしまいます。ノートパソコンの電源を切ることも、速く充電したいならばお勧めします。法人向けノートパソコンは、家庭用のものに比べて、駆動時間が長くなっています。それに加えて、パソコンの設定を変更することで、より長い駆動時間を確保できます。具体的には、画面の明るさを調整したり、使っていない機能を停止する、スリープ状態までの時間を短くする、などです。駆動時間を長くしたければ、バッテリーを長持ちさせることが必要になり、充電を少なくすることで、可能になります。充電と駆動は、双方が影響しあっているので、どちらかを速くすると、もう一方も速くなるのです。