長時間でも目に優しい?ディスプレイ

法人向けに多いノングレア液晶

業務として使う法人向けパソコンは、動画の閲覧やゲームプレイが多い個人向けとは異なり映像を鑑賞する目的では使用しません。法人が業務としてパソコンを使う場合には、表計算ソフトや製図ソフトといった同じ画面を表示したまま数字や線を書き込むタイプが多いです。そこで、長時間モニター画面を見続けて眼精疲労を起こさないために、目に入る光の量をある程度コントロールする必要があります。ノングレア液晶が法人向けパソコンで採用されているのは、目に入る光量をある程度制限して疲れにくくするためです。光沢液晶でも同じ仕事内容を処理することが出来ますが、全く同じ時間画面を見続けた時に感じる疲労度合いに違いが出てしまいます。ノングレア液晶ならば、同じ室内の蛍光灯や余計な光が写り込まないので目に入る刺激を軽減可能です。

光沢液晶モデルはブルーライトカットフィルムを手配しよう

パソコンのモニターからは、眼精疲労の原因となるブルーライトと呼ばれる波長の光が出ているので、特に光沢液晶モデルでは反射光も含めて様々な光がモニターから発せられています。法人向けパソコンは日々の業務で繰り返し使われるので、凝視することが多い分だけモニターから出る刺激が強い光を制限しなければなりません。液晶の表面加工を光沢液晶にしているからといって、必ずしも目に優しいモニターに出来ないわけでなく1手間追加する必要があるだけです。ブルーライトカットフィルムを用意して更に非光沢タイプを採用すれば、目に入る光の量と種類を制限して眼精疲労を防ぐことが出来ます。法人向けノートパソコンには、オプションとして光沢液晶へ貼り付けて納品可能なブルーライトカットフィルムが用意されています。